初心者必見!筋トレに適したタイミングとは?

MENU

初心者必見!筋トレに適したタイミングとは?

効果的,筋トレ方法

筋トレは思い立った時にやるだけでも、やらない場合に比べて筋肉はつきます。

 

ただ、どうせならより効果的な時間を選んでやる方が、早く筋肉をつけられます。

 

何時に筋トレをやればいいの?

では、いつやるのが良いのかというと、午後三時くらいを目安にして筋トレを行いたいです。

 

なぜなら、朝起きた直後などは、まだ体が起きていない状態ですから、下手をすると怪我をしてしまうかもしれません。その点、お昼を過ぎたころなら筋肉も温まっているので、傷める確率が減るだけでなく、起床直後よりも負荷の大きい筋トレができます。

 

ただし、昼間は仕事をしているので無理という人もいるでしょう。そんな時は夜の九時か十時に筋トレを行うのが良い方法です。

 

夕ご飯前の筋トレはおすすめしない

夕方なら仕事が終わった直後なので、帰宅前にジムに行くと都合が良いといったケースも少なくありません。しかし、夕方だと晩御飯を食べる前に行うことになる場合が多く、筋トレに向いていないのです。

 

理由は空腹のままだと、筋肉を作るための材料となる栄養が不足しているからです。

 

その状態で筋トレをすると、自分の筋肉を分解し、それをエネルギーにするためとても効率が悪いです。そのため筋トレをするなら食後が良いですが、食べた直後だと消化するために胃に行くはずの血液が腕や足に分散されるので負担がかかります。

 

そこで食事をしたら二、三時間ほど間隔を空けたいので、午後九時か十時ごろになるわけです。もっと遅くに筋トレをしたい人もいるでしょうが、寝る時間が減るのは駄目です。

 

しかも激しい運動をすると眠れなくなる場合も少なくないので要注意です。睡眠は筋肉を作るためにも必要なので、就寝直前の筋トレは避けておきましょう。

 

有酸素運動と組み合わせる場合

有酸素運動との組み合わせで筋トレを行う場合ですが、この時もいつやるのか迷う場合も多いです。一般的には有酸素運動をする前に筋トレをする方が効果的とされています。

 

最初にジョギングや水泳をすると、疲労してしまい十分な負荷をかけられないのです。それに対して先に筋トレをしておけば、成長ホルモンが分泌されます。すると血糖値が上がって体脂肪が分解され、血中に放出された遊離脂肪酸を燃焼します。

 

つまり筋肉をつけられる上に、脂肪を燃やせるためダイエットにもなります。

 

どうしても朝に筋トレをしたい、もしくは早朝にしか時間が取れないといった場合なら、まずは朝ごはんを食べます。この時のコツは、食べすぎないことで、胃に負担をかけないように消化の良いものを選びましょう。

 

そしてしっかりと準備運動をして筋肉を温めてから、筋トレを行うようにすると良いです。

 

関連ページ

筋トレの方法を覚えるより大切なマインド論!
筋トレの方法を覚えるのは誰にでもできます。ですが、筋トレを続けられないのはなぜでしょう?それはマインドが出来ていないからです!筋トレの方法を覚える前にマインドを鍛えることが大事ってご存知ですか?
簡単筋トレ!忙しいビジネスパーソンに捧ぐ!
ちょっとメタボが気になりだした筋トレを始めたビジネスパーソンに捧げます!最初から無理しすぎると三日坊主で終わってしまいます。まずは、継続できる簡単なことからはじめてみませんか?
間違った有酸素運動で脂肪が溜まるって本当!?
体脂肪を落とすためには、有酸素運動が有効と言われてきました。ところが、間違った有酸素運動をすることで、逆に脂肪が溜まってしまうという落とし穴があったのです!
筋トレ前のウォーミングアップと筋トレ後のクールダウンは超重要!
筋トレを行う前のウォーミングアップと筋トレ後のクールダウンは超重要です!どうしてウォーミングアップとクールダウンが超重要なのかについて解説していきます!
毎日やると逆効果!?しっかり休息で効率UPな筋トレ!
筋トレは毎日やると逆効果!?しっかり休息することが大事みたいです。しっかり休息して効率UPな筋トレについてご紹介します!