間違った有酸素運動で脂肪が溜まるって本当!?

MENU

間違った有酸素運動で脂肪が溜まるって本当!?

有酸素運動,脂肪

細マッチョを目指すなら、体脂肪を落とすための有酸素運動が有効と言われています。

 

ところが、間違った有酸素運動をすることで逆に脂肪が溜まってしまうという落とし穴があるのです!

 

長時間の有酸素運動は逆効果!?

有酸素運動を長時間続けることで、体の中では

 

『脂肪をためる必要がある!』

 

というシグナルであるインスリンが分泌されてしまいます。

 

そのため、有酸素運動が逆効果になってしまうかもしれません。

 

では、どうすれば良いかと言いますと、有酸素運動はウォーミングアップ程度にとどめて(5分程度)、インスリンの分泌をおさえて成長ホルモンを出す無酸素運動を取り入れて、有酸素運動を行うことが効率的なトレーニングであることがわかってきました。

 

有酸素運動と無酸素運動の順番

有酸素運動,脂肪

これまでのトレーニングの順番としては、有酸素運動を20分以上行ってから、無酸素運動をすることで脂肪を燃焼しやすくなると言われていました。

 

ところが、先ほど説明したように有酸素運動をすると「脂肪をためなさい」というシグナルのインスリンが分泌されてしまいます。

 

そのため、無酸素運動をしてから有酸素運動をすることでインスリンの分泌をおさえる効果が期待できます。

 

さらに、成長ホルモンの分泌量も無酸素運動を先にした方が明らかに増えるのです。

 

脂肪を燃焼するために有酸素運動を取り入れる場合は、

①無酸素運動
②有酸素運動

の順番で行うのが効率的です!

 

サーキットトレーニングが効果的

サーキットトレーニングって聞いたことありますか?

 

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたトレーニングのことです。

 

有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことでトレーニング中は常に負荷がかかった状態を作ることができます。これにより、高い心拍数をキープして脂肪を効率良く燃焼することができます。

 

先ほど説明した通り、無酸素運動をすることでインスリンの分泌を抑えることができますので、効率良く脂肪を燃焼することができます。

 

効果的なのは、5分無酸素運動、5分有酸素運動を繰り返すトレーニングです。

 

関連ページ

筋トレの方法を覚えるより大切なマインド論!
筋トレの方法を覚えるのは誰にでもできます。ですが、筋トレを続けられないのはなぜでしょう?それはマインドが出来ていないからです!筋トレの方法を覚える前にマインドを鍛えることが大事ってご存知ですか?
簡単筋トレ!忙しいビジネスパーソンに捧ぐ!
ちょっとメタボが気になりだした筋トレを始めたビジネスパーソンに捧げます!最初から無理しすぎると三日坊主で終わってしまいます。まずは、継続できる簡単なことからはじめてみませんか?
筋トレ前のウォーミングアップと筋トレ後のクールダウンは超重要!
筋トレを行う前のウォーミングアップと筋トレ後のクールダウンは超重要です!どうしてウォーミングアップとクールダウンが超重要なのかについて解説していきます!